小学生向けオンラインプログラミングコース 全国から受講可能 | プログラミングキッズオンライン

2021年度入室説明会&授業体験会を受付中

オンライン体験会を実施

プログラミングキッズONLINEは、入会を検討する上で、オンライン体験会を実施しています。
オンライン体験会は1対1で実施しますので、お気軽にお申し込みください。

体験会の内容(一部)

オンライン体験会の流れlesson

オンライン体験会へ申し込む

STEP1 オンライン体験会へお申し込み

オンライン体験会では、Zoomというビデオ会議システムを使います。
インストール方法は、体験会お申込み後、お知らせします。

オンライン体験会の当日

STEP2 オンライン体験会の当日

いよいよオンライン体験会の当日です。
体験会は60分程度です。
プログラミングキッズONLINEの内容とScratchを使ったプログラミング体験を行います。
親御様も一緒に参加できますので、お子様がプログラミングに熱中する姿をご覧ください。

振り返り

STEP3 振り返り

オンライン体験会は60分ほどで終わります。
体験会の終了後、プログラミングキッズONLINEへ入会の手続きを先生に相談してください。
お子様にとって、貴重な時間となるようにスタッフ一同お待ちしております。

体験会に参加した人の声VOISE

小学一年生の子にも理解できる内容で安心しました
子どもがプログラミングとは
何かというを理解できたことと先生の説明がわかりやすくて良かったです
子どもが興味を持って、楽しんで学んでいたことを見ることができイメージできました
教育のコンセプトがしっかり
していることと先生の教え方が慣れているので安心できました

スタッフの紹介TEACHER

プログラミングキッズは、現役のシステムエンジニア・プログラマーなどの専門家が講師を担当します。

堀内先生

堀内先生講師紹介

中村先生

中村先生講師紹介

体験会の詳細

体験会開講日 お申込み後、日程の候補をお送りします。
所要時間 60分(お子様向けのプログラミング体験+プログラミングONLINEの紹介)
対象 小学1年生~小学6年生
事前準備 プログラミングキッズONLINEの体験会は、オンラインで実施します。
ご参加にあたり、ご家庭で下記のご用意をお願いいたします
・PC、ヘッドセット、(タブレット)
・インターネット環境※詳しいご準備内容は、お申込み後、メール・お電話等にてご案内させていただきますのでご安心ください。
参加費

1,100円(税込)※ご入会の際、参加費は入会金に充当されます。

よくある質問

休んだ時の振替はできますか?

できる限り早めにご相談下さい。他教室の空きがあれば受講可能となる場合もあります。

プログラミングができるようになりますか?

プログラミングキッズでは、まずはブロックを並べていくプログラムから入っていきます。無理なくプログラムの概念に触れ、次第に難しい内容にもチャレンジしたくなるようカリキュラムを考えております。

必要なPC環境は何ですか?

Windowsマシン(Windows10以降)もしくはMac(Mac OS 10.6以降)が必要です。いずれも以下のスペックを満たすもの。 Memory 8G以上/SSDもしくはHDD64G以上/ XGAディスプレイ(1024 x 768)以上 ※なお、将来iPhoneアプリを作りたい場合はMacをおすすめします。

プログラミングを学ぶことで成績が上がりますか?

学習指導要領と高大接続が同時に改革されることでいよいよ時代の要請に即した教育改革が行われようとしています。成績の評価基準も大きく変わります。 文科省高大接続改革チームリーダー・日本学術振興会理事長の安西祐一郎氏は「これからの社会に必要な教育とは『論旨明確に思考し、それを論旨明確にまとめ、相手の立場を考慮しながら論旨明確に表現する』その力を養う教育だ」と言っています。この実現のために、英語は4技能を測る形へ、国語は記述式が入試に取り込まれる予定です。 私たちは6Cを定義し、プログラミング学習を通して「これからの社会に必要な教育」「21世紀を生き抜く力」を教育します。同じ目的を志向しておりますので、そこには必ず相乗効果として成績に反映されると考えます。

なぜ、小学校1年生から学ぶのですか?

2020年より、小学校でプログラミング教育が必修化されることになっております。これは論理的思考力の形成時期として大切な時期は、幼少期の頃からという考えがあるからです。人間の脳は6歳までで8割完成し、12歳でほぼ完成すると言われており、そのため、論理的思考が出来る様になるこの頃から、プログラミング教育を行って行くのが一番大事な時期と考えております。

なぜ、プログラムを学ぶ必要があるのですか?

今後を生きる子供たちには、Communication(コミュニケーション能力), Collaboration(協力・協調性), Critical Thinking(クリティカルシンキング), Creativity(創造性), Curiosity(知的好奇心), Computational Thinking(プログラミング的思考)の6Cと定義した21世紀型スキルが必要と私たちは考えております。これらを身につけるには、主体的に取り組み、論理的に考え、協力して作り上げ、試行錯誤し、最適解を得るといったプログラミング学習が最適と考えます。

運営会社

テクノロジーを通して世界平和を実現

コードオブジーニアスは株式会社ナンバーワンソリューションズが運営しています。 これまで17年にわたり、300名以上のトップITエンジニアを育成してきました。この育成ノウハウを中学生、高校生向けにアレンジしたものをコードオブジーニアスでは、提供しています。